コヒーレント状態・スクイーズド光

Fig.5-1 コヒーレント状態の線形結合係数 ゼル パフォーマンス GTR35 サイドスカート。ポアソン分布(α=0.5)
Fig.5-2 コヒーレント状態の線形結合係数 KYB カヤバ サスキット Lowfer Sports ハリアー MCU35W 一台分。ポアソン分布(α=1.0)
Fig.5-3 コヒーレント状態の線形結合係数 18インチ サマータイヤ セット【適応車種:マークX ジオ(10系 全グレード)】WEDS レオニス グレイラ アルファ BMCミラーカット 8.0Jx18トランパス mpZ 225/45R18 17インチアクセラBM系WORK エモーション T7R マットカーボン 7.0Jx17VEURO VE303 215/50R17。ポアソン分布(α=1.5)
Fig.5-4 コヒーレント状態の線形結合係数 イデアル(IDEAL) トゥルーヴァ車高調 減衰力36段調整 全長調整フルタップ式 モコ MG22S 。

。ポアソン分布(α=2.0)
Fig.5-5 コヒーレント状態の線形結合係数 スタッドレスタイヤ ヨコハマ アイスガードシックス iG60 205/50R16 87Q & アルテミス LSW 6.5-16 タイヤホイール4本セット 205/50-16 YOKOHAMA iceGUARD 6 iG60。

ARJ NV350キャラバン E26 ワイドボディ ユーロボンネット 3P 塗装済 オーロラモーヴ(#LAE)

。ポアソン分布(α=3.0)
Fig.5-6 コヒーレント状態(α=0.5)の存在確率のダイナミクス
Fig.5-7 コヒーレント状態(α=1.0)の存在確率のダイナミクス
Fig.5-8 コヒーレント状態(α=1.5)の存在確率のダイナミクス
Fig.5-9 コヒーレント状態(α=2.0)の存在確率のダイナミクス
Fig.5-10 コヒーレント状態(α=3.0)の存在確率のダイナミクス
Fig.5-11 コヒーレント状態(|α|2=0)の電場のダイナミクス
Fig.5-12 コヒーレント状態(|α|2=1)の電場のダイナミクス
Fig.5-13 コヒーレント状態(|α|2=2)の電場のダイナミクス
Fig.5-14 コヒーレント状態(|α|2=3)の電場のダイナミクス
Fig.5-15 コヒーレント状態(|α|2=4)の電場のダイナミクス
Fig.5-16 位相空間でのq-pの不確定性
Fig.5-17 コヒーレント状態の電磁波における位相空間でのq-pの不確定性
Fig.5-18 コヒーレント状態の電磁波に対して複素振幅x1,x2を圧搾した場合のx1-x2の不確定性
Fig.5-19 位相空間上のスクイーズド状態(r=0, x1=x2)
Fig.5-20 位相空間上のスクイーズド状態(r=0.5, x1=x2)

ユーロボンネット 塗装済 NV350キャラバン E26 3P オーロラモーヴ(#LAE) NV350キャラバン ユーロボンネット ARJ ワイドボディ

Fig.5-21 位相空間上のスクイーズド状態(r=-0.5, x1=x2)
Fig.5-22 位相空間上のスクイーズド状態(r=0, x2=0)
Fig.5-23 位相空間上のスクイーズド状態(r=0.5, x2=0)
Fig.5-24 位相空間上のスクイーズド状態(r=-0.5, x2=0)
Fig.5-25 スクイーズド状態の電場の不確定性(r=0, x1=x2)
Fig.5-26 スクイーズド状態の電場の不確定性(r=0.5, x1=x2)
Fig.5-27 スクイーズド状態の電場の不確定性(r=-0.5, x1=x2)
Fig.5-28 スクイーズド状態の電場の不確定性(r=0, x2=0)
Fig.5-29 スクイーズド状態の電場の不確定性(r=0.5, x2=0)
Fig.5-30 スクイーズド状態の電場の不確定性(r=-0.5, x2=0)
Fig.5-31 スクイーズド状態の電場の不確定性(r=0, x1=x2)
Fig.5-32 スクイーズド状態の電場の不確定性(r=0.5, x1=x2)
Fig.5-33 スクイーズド状態の電場の不確定性(r=-0.5, x1=x2)
Fig.5-34 スクイーズド状態の電場の不確定性(r=0, x2=0)
Fig.5-35 スクイーズド状態の電場の不確定性(r=0.5, x2=0)
Fig.5-36 スクイーズド状態の電場の不確定性(r=-0.5, x2=0)

「量子光学特論」へ戻る