>  > 15インチステップワゴン スパーダRF5~8WEDS レオニス VT パールブラック/ミラーカット 6.0Jx15ブリヂストン ネクストリー 195/65R15

マーケットレポート

プロの視点からわかりやすいレポートを提供します。

「IwaiCosmo Weekly Letter」

2018年7月 2日

VT 195/65R15 レオニス レオニス 6.0Jx15ブリヂストン 6.0Jx15ブリヂストン スパーダRF5~8WEDS ネクストリー パールブラック/ミラーカット 15インチステップワゴン

岩井コスモ証券投資調査部

  • 日本株~貿易問題くすぶるなか底堅さ示す見通し~
    ■予想レンジ(7/2~7/6) 日経平均株価 22100円~22600円

    先週の日経平均株価は212円安と続落。米中貿易摩擦への警戒を引きずるなか、四半期末に伴う持ち高調整なども重荷となりましたが、心理的節目の22000円接近場面では根強い押し目買い姿勢が下値を支えました。円安地合いが維持されていることも、主力株への見直し買いを誘い、売りづらい展開が保たれています。

    このところ堅調だったディフェンシブセクターでは短期過熱警戒もあって、決算発表や配当権利落ちなどをきっかけに利益確定売りに押されるケースが散見されます。一方で安値圏にある景気敏感株には信用期日接近などの需給改善思惑から底入れ気運が徐々に高まりつつあり、全体としてレンジ相場が維持されています。

    今週も7月6日の制裁関税発動を巡り、神経質な展開が予想されますが、底固めから売られ過ぎ修正の動きを強める可能性も意識されます。本格的な貿易戦争に至る懸念は小さいとの見方が大勢なだけに、なんらかの事態進展があれば短期需給の改善も重なって日本株の割安魅力に目が向かいやすいと見ています。






    ■日本株~週間注目銘柄

    ・三菱UFJ(8306) 金融株見直し余地大。米事業の改善も期待され、割安修正へ
    ・東エレク(8035) 大幅増益、来期以降の成長にも自信。割安感、株主還元も魅力。A
    ・東海カ(5301) 黒鉛電極値上げが恩恵。リチウムイオン電池、半導体向けにも展開。新規A
    ・タカラバイオ(4974)遺伝子治療分野のリード役。今期4割増益など2ケタ成長ペース。A






    ■ドル円~重要イベント控え、神経質な展開~
    ■予想レンジ(7/2~7/6) ドル円相場 1㌦=109.50~111.50円

    先週は、米国の対中制裁強化への警戒が広がるなかでも、円買い圧力がさほど高まらない展開となりました。リスクオフの色彩が強まり、米独金利には低下圧力がかかったものの、投機筋が金利差分を負担する必要がある「円買いポジション」を積み上げるには至らなかったことが背景です。

    大型企業買収に伴う円売り需要など、6月期末接近に伴う需給がやや円売りに傾いていたとみられることも、少なからぬ影響をもたらした模様です。週末にはEUのトゥスク大統領が「移民問題で合意」とツィッターに投稿、欧州政治リスクが後退するとの見方から円売りが膨らむ格好となりました。

    今週は、週末に重要イベントを控え、神経質な動きを辿らざるを得ない見通しです。米国が対中報復関税を発動する予定の6日に向けて、両国の言動から目を離せないうえ、雇用統計など一連の米主要経済指標に対する米金利の反応にも十分留意が必要となりそうです。



    ■主な注目イベント

    ◇2日(月)
    6月の日銀企業短期経済観測調査(短観、8:50)
    香港が休場
    6月の財新中国製造業PMI(10:45)
    6月の米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数(23:00)

    ◇3日(火)
    企業の物価見通し(日銀、6月短観分、8:50)
    米国は独立記念日前で株式、債券が短縮取引

    ◇4日(水)
    2018年3~5月期決算=ABCマート、ウエルシア、良品計画、イオン
    マザーズ上場=ロジザード
    米国は独立記念日で全市場休場

    ◇5日(木)
    2018年3~5月期決算=セブン&アイ
    マザーズ上場=キャンディル
    6月のADP全米雇用リポート(21:15)
    米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(12~13日開催分、6日3:00)

    ◇6日(金)
    2018年3~5月期決算=オンワード、吉野家HD
    6月の米雇用統計(21:30)

    (注)時間は日本時間



    ■米国株~週末が貿易摩擦の節目となるか。神経質な展開も~

    ■予想レンジ(7/2~7/6) NYダウ 23800~24800ドル

    先週の米国株は週間ベースで2週連続の下落。引き続き貿易摩擦の悪化を警戒した週半ばにかけて続きました。通商問題ではトランプ大統領から対中国の投資制限が打ち出されたものの、現行の枠組みで対応すると当初から軟化。ただ週後半はEU首脳会議で難航していた移民問題で合意があり、欧州政治不安が後退、通商政策で目立った進展が無かったものの値を戻す展開となりました。個別では医薬品のネット通販会社を買収したアマゾンや好決算を発表したナイキが買われました。また先週はNY原油価格が上昇。6月のOPEC総会では協調減産の緩和が決定されたものの、予想ほどの増産規模ではなかったこと、トランプ政権がイラン産原油の購入を控えるように各国に要請したこと 、米週間在庫統計で大幅な減少が確認されたこと等が材料視されました。

    主要株価指数の週間騰落は、NYダウ工業株平均は1.26%安と3週連続の下落、S&P500種が1.33%安やナスダック総合が2.37%安と2週連続の下落、ラッセル2000が2.52%安となり、9週ぶりの下落となりました。業種別の物色動向では、耐久消費財、公益、通信などの値上がりが目立った一方、消費者サービス、半導体・同製造装置、自動車・同部品などが軟調となりました。

    今週は4日が米国市場は独立記念日のため休場(3日が短縮取引)となり プロジェクトμ NS-C フロント左右セット ブレーキパッド スターレット NP80 F172 プロジェクトミュー プロミュー プロμ NS-C ブレーキパット【店頭受取対応商品】、4営業日となる中、週末6日が米中が制裁関税発動の予定日となっており、貿易摩擦問題に神経質になる場面も想定されます。米国が中国製品500億ドルに25%の制裁関税が発動すれば 【USA在庫あり】 ムース MOOSE Utility Division オザーク ATV カバー XXLサイズ 黒 4002-0051 JP店、中国も同額を農産品等に報復関税をかけるとしており、実際に米国が発動に踏み切るのかどうかが、一連の貿易摩擦問題の節目をむかえることになります。また7月1日にメキシコ大統領選挙・議会選挙が実施され 【メーカー在庫あり】 日置電機(株) HIOKI プローブ 9476 HD、左派政権が誕生する公算が高く、NAFTA再交渉でメキシコとの通商問題の行方にも注目が集まりそうです。

    6日の発動前に米中両国で歩み寄りの動きがあれば、リスクオンに。発動の可能性が高まれば軟調な展開を想定。7月半ば以降本格化する4-6月期決算発表シーズン前で手掛けにくさもあり、通商問題と関連性の薄いソフトウェアやインターネット業種の好業績銘柄の押し目買いや先週、株主還元策を発表した大手銀行株が投資先として有望となりそうです。一方、貿易摩擦懸念が大きく後退する局面があれば、

    、売り込まれていた資本財など輸出系企業が見直される可能性もあります。

    今週公表予定の主な経済指標は、2日に米5月建設支出、6月ISM製造業景況指数、3日に5月製造業受注、5日に6月ADP雇用統計、6月ISM非製造業景況指数、6月12・13日開催のFOMC議事録の公表、週末6日には6月雇用統計、5月貿易収支等を予定。今週は主だった企業の決算発表はなく 取付店直送可 tanabe(タナベ)ダウンサス SUSTEC NF210 サステック ホンダ エリシオン プレステージ RR2 K24A 07/1~13/10、決算以外のイベントでは3日にフォードなど自動車各社が6月の米国新車販売台数公表するほか、GMが第2四半期販売実績を公表、またテスラも7月第1週に第2四半期の生産・販売実績を公表を行う予定です。




    ■外国株・週間注目銘柄

    ・アマゾン・ドットコム(AMZN) 米ホールフーズを買収、実店舗との新たな融合戦略開始へ
    ・ペイパル(PYPL)  米決済サービス大手。買収戦略とコア事業の業容拡大が同時進行
    ・シティグループ(C) ストレステスト合格後に予想以上の株主還元策を発表 ユーロストリーム JL10 ホイール 4本 14インチ 4H100 4.5J+45 EuroStream JL10 マナレイスポーツ MANARAY SPORT、割安



{yahoojp} {iwaicosmo.net}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-9863