カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 ブリヂストン ECOPIA エコピア NH100 サマータイヤ ● 215/60R16 WEDS ウェッズ RIZLEY ライツレー ZM ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +40 5穴 114.3


 >  > 

カードでポイント最大34倍 6.5 カードでポイント最大34倍 16インチ ウェッズ ブリヂストン 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 RIZLEY 16 114.3 X NH100 ホイールセット ECOPIA +40 WEDS 4本 エコピア ZM 215/60R16 ● サマータイヤ ライツレー 5穴 5穴

カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 ブリヂストン ECOPIA エコピア NH100 サマータイヤ ● 215/60R16 WEDS ウェッズ RIZLEY ライツレー ZM ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +40 5穴 114.3

ITをもっと身近に。新しい形のネットメディア

  • 【メーカー在庫あり】 (株)ミヤナガ ミヤナガ S-LOCKダウンライト用SDSセットΦ125 SLPS125RST JP店
  • 【USA在庫あり】 マグナム MAGNUM フロント ブレーキライン 7/16インチ/180°48インチ(1219mm) クローム 1741-3320 JP
  • 著名人インタビュー
  • クローズアップ
  • デジタルトピックス

  • ひと息コラム

  • 著名人寄稿
  • 編集後記

    カードでポイント最大34倍 《ベルリンガー 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 ブリヂストン ECOPIA エコピア NH100 サマータイヤ ● 215/60R16 WEDS ウェッズ RIZLEY ライツレー ZM ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +40 5穴 195/65-15 114.3

  • HH News & Reportsについて


    ご意見・ご感想はこちら


    お知らせ

    【公式ツイッター】

    アカウント:HHNewsReports

    記者が日々感じたことをつぶやいています

    【公式ブログ】

    HH News & Reports記者ブログ

    HH Newsの記者が取材のこぼれ話などを綴るブログです!

    2011/8/22  1/3ページ
    目次
    1. ゲーム×ネットワークの歴史
    2. ネットワークで広がる遊びと製作側としてのポリシー
    3. コンシューマ市場に登場したインターネット回線
    4. 【イベント開催中!】 ヤマモトレーシング YAMAMOTO RACING SPEC-A スリップオンマフラー TYPE-SA カラー:ゴールド(陽極酸化処理) Rebel 250
    5. 新世代ゲームの可能性
    6. ユーザ利用における新たな課題
    7. KARO カロ WOOLY(ウーリー) 1520 カローラスパシオ用フロアマット 【カローラスパシオ(ZZE、NZE12#)リアゲートのみ(リア2列目収納時用)】
    8. 業界側にも大きな課題
    9. ゲームのあるべき姿
    10. TOYOTIRES トーヨー タイヤ SD-K7 国内メーカー サマータイヤ 155/55R14 WEDS ウェッズ RIZLEY ライツレー DK ホイールセット 4本 14インチ 14 X 4.5 +45 4穴 100

    かつては、ゲーム機本体とテレビ画面の上で閉じていた「テレビゲーム」。いまや「テレビゲーム」という呼称が古臭く感じるほどテレビに縛られない自由な遊び方ができるようになってきた。ゲームソフトに盛り込める容量は爆発的に増え、ハードについても携帯性は驚くほど向上した。近年では「ネットワーク」を介在することで世界中と繋がるようになり、幅広い遊び方を提供している。

     一方で、子供が多く介在するゲーム業界には、

    カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 ブリヂストン ECOPIA エコピア NH100 サマータイヤ ● 215/60R16 WEDS ウェッズ RIZLEY ライツレー ZM ホイールセット 4本 16インチ 16 X 6.5 +40 5穴 114.3を満載!

    、社会的な問題がつきまとうイメージがあり、業界は常にこれらの課題と格闘してきた。今ではカップル・家族連れでも訪れるゲームセンターはかつて「不良のたまり場」と言われるほどイメージ面での課題があった。最近では通信機能の強化により面白みが増えた半面、インターネットと共通した問題点も抱えるようになった。では業界はこれらの問題にどのように対処してきたのか? その歴史と対策、そしてこれからについて探ってみた。

    ゲーム×ネットワークの歴史


     ゲーム機と言われるものが、ネットワークを持つようになったのは、意外に古い。1988年には、すでにファミリーコンピューター(以下ファミコン)の専用アダプターを使ったネットワークトレードシステム「ファミコントレード」というサービスがあった。1989年に発売された初代のゲームボーイ(任天堂)は、“有線”での通信機能を持っており、これが後の「ポケットモンスターシリーズ」(任天堂)の爆発的なヒットにつながったのは有名な話だ。


     一般的にイメージされる通信機能、インターネットによる通信が行われたのはやはり2000年代から流行したPCを主体とした「オンラインゲーム」が起点になるだろう。オンラインゲームは1997年にアメリカ、エレクトロニック・アーツ社が発売した「ウルティマオンライン」が先駆けと言われている。韓国で開発・大流行した「ラグナロクオンライン」(ガンホー・オンライン・エンターテイメント)、「リネージュ」(NCソフト)などのMMORPG*1が、2000年代に日本へ入ってくると 【2018年製~】 185/60R14 ブリヂストン ネクストリー サマータイヤ ホイールセット 4本 BRIDGESTONE NEXTRY シュナイダー SQ27 14-5.5J、爆発的に広がっていった。

    家庭用ゲーム機とネットワークゲーム関連サービス動向表(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会「CESAゲーム白書(2007年版、2011年版)」よりデータを一部抜粋して掲載)

     家庭用ゲーム機に通信機能が入り、はっきりとした流行になったのは1998年にセガが発売したドリームキャストからだろう。2001年に第5回CESAゲーム大賞を獲得した「ファンタシースターオンライン」(セガ)は、家庭用ゲーム機におけるインターネットの存在を明確に印象付けた。2000年代半ばになると、Wii(任天堂)は 鬼爆閃光DG64系 スクラムワゴン後期 [H24.6~]LEDウインカー球前後セットC+8ピンウイポジ機能付ハイフラ防止ICウインカーリレーウインカー ウィンカー 電球 LEDウインカー ハイフラ対策 8pin、インターネット機能を利用し、世界中の人間と対戦・交流ができ、ゲームのアクセントとして、花を添えている。


     同時期には [1258528] DIXCEL SD ブレーキローター リヤ用 BMW F33 3R30 13/09~ 435i Cabriolet Option [M PERFORMANCE BRAKE]/プレーンタイプ、ニンテンドーDS(任天堂)とプレイステーション・ポータブル(ソニー・コンピュータエンタテインメント、以下SCE)の発売で、市場における携帯ゲーム機の存在感が濃くなってきた。2007年に発売された「モンスターハンターポータブル2nd G」(カプコン)や2009年の「ドラゴンクエストIX~星空の守り人~」(スクウェア・エニックス)は友達同士で集まり、無線通信の機能を利用し、共同して強敵と戦うプレイスタイルが人気に拍車をかけた。通信機能の変遷が、ゲームの楽しみ方にも明らかな変化をもたらしている。


    ネットワークで広がる遊びと製作側としてのポリシー

     

     インターネットの広がりとともに2000年ごろからPC側でも「ネットゲーム」がブームとなった。なかでもMMORPGと呼ばれる大人数参加型のゲームは、高い熱中性を誇り、ユーザを爆発的に増やしていく。ネットワークとゲームがいち早く融合していたPC側では 15インチ サマータイヤ セット【ムーブ(LA100系)】MANARAY ユーロストリーム BV25 ブラックポリッシュ/ダブルブラッククリア 4.5Jx15エナセーブ RV504 165/55R15、どのような課題があったのだろうか?


     例えば携帯電話のゲームなどでよく言われる未成年の「過払い」などについては「基本的に料金の支払いには年齢帯により支払い上限金額の設定を施していたので 15インチ サマータイヤ セット【適応車種:タント カスタム(LA600系)】HOT STUFF ラフィット LW-03 ブラックポリッシュ 4.5Jx15Bluearth AE-01 165/55R15、未成年が過大な料金の支払いをするなどの目立ったトラブルはありませんでした」ラグナロクオンラインなどで有名なガンホー・オンライン・エンターテイメントの執行役員 飯野平氏は話す。


     またプレイヤーが「熱中しすぎる」という点も指摘されている。これに対して、同社では低年齢層に向けてプレイ上の細かいルールや、健康に関するガイドラインをWebサイト上で公開している。


     「自分の子供がオンラインゲームに熱中しすぎるということで、わざわざ会社まで来られた親御さんもいらっしゃいましたが…」。わざわざ親が来社し、ゲームを止めさせるためにアカウントの停止を求めてきた例もあったという。「停止自体はできますが、根本的な解決になりません。ご家庭でゲームを遊ぶ上でのルールなどについてご家庭内で話し合って頂くように、まずオンラインゲームとはどのようなものか、から説明しました」(飯野氏)と親世代のオンラインゲームに対する理解不足から来るトラブルもあり、メーカーが家庭問題にまで相談に乗っていたようだ。

    >>コンシューマゲーム機の課題


    {yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-84030