>  > 225/60R17 99H HIFLY ハイフライ HT601 エイチティー ロクマルイチ CROSS SPEED PREMIUM RS10 クロススピード プレミアム RS10 サマータイヤホイール4本セット
(クーポン配布中) ACTIVE スロットルKIT [ホルダー:TYPE-3 BLK] 巻取φ28 [ステン金具] CBR600RR 05-12 1067011SU 【送料無料】(北海道・沖縄除く)

225/60R17 99H HIFLY ハイフライ HT601 エイチティー ロクマルイチ CROSS SPEED PREMIUM RS10 クロススピード プレミアム RS10 サマータイヤホイール4本セット

頑張っている球児を応援する高校野球報道サイト

エイチティー ロクマルイチ RS10 SPEED CROSS クロススピード ロクマルイチ サマータイヤホイール4本セット PREMIUM ハイフライ 225/60R17 HT601 HIFLY サマータイヤホイール4本セット 99H プレミアム RS10

印刷する     Tweet
2019.02.16

 2月16日 ●シルキーシャークプロジェクト●メルセデスベンツ Aクラス W168 前期型 アイライン FRP未塗装・黒ゲルコート仕上げ、沖縄県のかいぎんスタジアム国頭は夢の投げ合いが実現し、スタンドは満員となった。注目の甲子園優勝投手・柿木 蓮大阪桐蔭出身)、甲子園準優勝投手・吉田 輝星金足農出身)がともに先発としてマウンドに登ったのだ。試合前、2人の名前が告げられると大きな拍手。解説者、大物芸能人も駆けつけるほどとなったこの投げ合いを振り返っていきたい。


 まず最初にマウンドに登ったのは吉田。1番西川 遥輝に対し、初球、内角高めのストレートでストライクを取り、その後、カーブで2ストライク目を取り、3球目はインハイストレートでファール、4球目はインハイストレートで詰まらせ二ゴロに打ち取る。

2番大田 泰示は外角ストレートでストライク。外角ストレートでボール。外角ストレートをはじき返され 【エントリーでポイント5倍】195/60R16 89Q BRIDGESTONE ブリヂストン BLIZZAK VRX2 ブリザック VRX2 SEIN SV ザイン エスブイ スタッドレスタイヤホイール4本セット、バックスクリーン弾を打たれてしまう。

 3番清宮 幸太郎はストレートで二ゴロ。
 4番横尾 俊建は内角高めのボール 、外角スライダーでストライク。外角ストレート高めでボール、外角高めのストレートでファール、5球目はフォークが抜けて、内角へボール。外角へマックスのストレートでファール、7球目も同じくマックスの力を入れたストレートでファール、8球目も外角高めのストレートでファール、9球目は高めへボールとなり、四球。

 5番渡邉 諒は外角高めのストレートでボール、2球目は外角高めのストレートでストライク、3球目は外角高めへボール、外角ストレートで空振り。5球目は外角ストレートでファール H&R VW Sharan スポーツスプリング 7N 2WDモデル、6球目は内角へのフォークでボール、7球目は外角スライダーでボールで二者連続四球と苦しい投球。

 6番鶴岡慎也は変化球でストライク。2球目はスライダーが外れボール。3球目はスライダーでボール。4球目は外角ストレートへストライク。5球目は外角ストレートで空振り三振。このストレートは力感がこもった素晴らしいストレートだった。

【投球内容を振り返る】
 被本塁打1、四死球2と力みが見られた吉田のピッチングを振り返ると、ストレートの勢い自体は後に投げた先輩投手の投球と比べても変わりないものがあり、自信に持っていいものだ。ただ外角高めに抜けたり CUSCO メタルディスク クラッチセット インプレッサ GDA(F/G) EJ20T 05/6~07/5、変化球を投げるときに左肩の開きがほどけるのが速く、抜ける球が多かった。
 ホームランを打たれた球もベルトゾーンに入れるボールで、吉田自身も反省している様子だった。吉田の課題はストレートを生かすコンビネーションだと思う。プロの世界ではストレート一本だけで勝負できるほど甘くない。緩急や高速系変化球などの習得が必要になる。吉田は高卒2年目から勝負となる選手になるので、これからは一歩ずつ投球の引き出しを増やして、勝負できる投手となってほしい。


 そして柿木 蓮のマウンド。1番浅間 大基は1球目は外角ストレートでストライク。2球目も外角ストレートでファール、3球目はスライダーでボール。真ん中ストレートでバットをへし折り、センターフライ。

2番松本 剛は外角ストレートでストライク、2球目はカーブでボール、3球目は外角ストレートで打たせて二ゴロ、3番王 柏融は外角ストレートでストライク、2球目はカットボールでストライク、3球目は外角ストレートでファール、4球目は外角ストレートでファール、5球目はフォークで見送る、6球目は外角ストレートで引っ掛けさせ一ゴロに打ち取った。

【投球内容を振り返る】
実に落ち着いたマウンド捌きを見せており、ストレート、スライダー、カット系の変化球をうまく投げ分けて勝負ができていた。低めにもうまくコントロールできており、ピッチング内容に関しては近年、北海道日本ハム入りした高卒投手や素材型の大卒投手と比べても制球力、メンタルコントロール、フォームの再限度の高さはかなり上なので、早い段階での一軍起用もあり得そう。よく5位まで残っていた投手である。

 爆発力あるストレートを見せた吉田と高卒投手とは思えない完成度の高さを見せた柿木。対照的な投球内容となったが、非常に見応えのあるものだった。

 


柿木 蓮(大阪桐蔭)センバツ連覇へ誓う「バッケンレコード」
高校最後の公式戦は吉田輝星のすべてが凝縮!味方、敵、

225/60R17 99H HIFLY ハイフライ HT601 エイチティー ロクマルイチ CROSS SPEED PREMIUM RS10 クロススピード プレミアム RS10 サマータイヤホイール4本セット

、誰もが脱帽!

【関連記事】
投手と野手の豊作年は交互に訪れる?98年以降の若手スター選手を一挙紹介! 【ニュース - コラム】
第197回 球界を席巻しつつある若手スターは1994年世代から始まった【後編】【ドラフト特集コラム】
今年も秋田が中心? 尾花氏が明桜高校の総監督兼投手コーチに! 【ニュース - 高校野球関連】
第887回 中国地区屈指の速球派・三奈木亜星(山口東リトルシニア)。高校でもスターの道へ 【2019年インタビュー】
第17回 祝3万人突破!年始に見てきたい注目動画を一挙紹介!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第193回 2019年のドラフトの目玉・佐々木朗希(大船渡)投手へ 今年お願いしたいこと【ドラフト特集コラム】
第77回 松坂世代の現在 現役を続けている選手 指導者になった選手【高校野球コラム】
第76回 大阪桐蔭が春夏連覇!金足農の躍進!課題が残ったアジア大会!2018年高校野球を振り返る!【下半期】【高校野球コラム】
第788回 「野球に対する考えが180度変わった」米倉貫太(埼玉栄)が歩んだ「確かな3年間」 【2018年インタビュー】
第767回 吉田輝星(金足農業)がプロ志望!プロ志望の決め手は「全国大会で自信をつけたこと」 【2018年インタビュー】
日大三vs都立杉並【東京都 2018年秋の大会 東京都大会 一次予選】
大阪桐蔭vs金足農【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
第359回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.3「超一流の習慣を支えるもの」 【2016年インタビュー】
第357回 北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平投手 vol.2「ボールを自分に合わせる」 【2016年インタビュー】
柿木 蓮(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
吉田 輝星(金足農) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

次の記事:
大学2年生で代表入り!近畿大の主軸担う佐藤輝明ヒストリー!
{yahoojp} {hb-nippon.com}