>  > ●取付サービス付き(塗装等含む)●●無限●GB3/4/GP3 フリード MC後/フリードハイブリッド Front Under Spoiler メーカー塗装済 プレミアムスパークルブラック・パール(NH812P)

●取付サービス付き(塗装等含む)●●無限●GB3/4/GP3 フリード MC後/フリードハイブリッド Front Under Spoiler メーカー塗装済 プレミアムスパークルブラック・パール(NH812P)

02-12年 RM85 ダートバイクシートカバー : イエロー TOP STOMPGRIP(ストンプグリップ)
〒959-0113 新潟県燕市笈ケ島1365-1
HOME > コラム > 酸化被膜の除去方法
  • サイト内検索

精密板金加工技術

精密板金 製品加工事例

集塵機・局排設備

製品紹介

設備紹介

会社案内

コラム

●取付サービス付き(塗装等含む)●●無限●GB3/4/GP3 フリード MC後/フリードハイブリッド Front RSR(RS-R/RS★R) Under Spoiler メーカー塗装済 プレミアムスパークルブラック・パール(NH812P) 【メーカー在庫あり】

酸化被膜とは?

金属(鉄鋼や銅 ベンツ エンジンマウント ブッシュ LEMFORDER製 純正OEM Cクラス W203 C180コンプレッサー C200コンプレッサー C230コンプレッサー 2302400117、アルミニウム、ステンレスなど)が空気中 A-TECH/FINALSPEED GR-Volt アルミホイール 4本セット アルト/アルトエコ/アルトターボRS 25系 【15×4.5J 4-100 INSET45 レッドフレアブラック】、酸性の液中で酸化反応を起こし、
その結果、金属表面に形成された酸化物の皮膜の事を『酸化被膜』『不働態被膜』といいます。
酸化被膜は金属表面と空気・液体との化学反応を妨げる保護膜としての効果があります。

この保護膜としての効果は主に2つあげられます。
・金属の酸化を抑える効果(表面が既に酸化しているため、これ以上酸化しなくなる)
・電気伝導を抑える効果 (金属は電気伝導をするが、酸化した金属は電気伝導しづらい)

(*酸化被膜を保護膜として使い腐食や錆に強い金属製品を製造するためには、
金属表面全体を均一に酸化させる必要があります。)

Spoiler Front フリード MC後/フリードハイブリッド プレミアムスパークルブラック・パール(NH812P) Under Front プレミアムスパークルブラック・パール(NH812P) メーカー塗装済 ●取付サービス付き(塗装等含む)●●無限●GB3/4/GP3


酸化皮膜が問題を起こすケースも!

この保護膜としての役割を果たす酸化皮膜が逆に問題を起こすケースもあります。

様々な要因で
悪影響を与える除去すべき酸化皮膜の代表例としては 、日常生活で発生する『錆』がわかりやすい例ともいえるでしょう。

日常生活で発生する錆の場合、金属表面に均一に発生しないので、保護膜としての役割はありません。逆に美観を損ない、不均一である故、酸性の偏りを発生させ、さらなる錆(酸化)を進行させる原因になるものです。

製造(板金加工)の現場においては ★色番号塗装発送BP レガシィ ツーリングワゴン アイライン【リベラル】LEGACY BP A~Ctype ALBERO アイライン、
・板金のレーザー切断の溶断面がアシストガスの酸素と反応して酸化し、
 局所的に酸化皮膜が生成され問題になるケース
・溶接焼けによりステンレスの金属表面の不働態皮膜が局所的に破壊され問題になるケース
などがよくあります。特に板厚の大きい板金においては、酸化皮膜の影響が大きくなり 【1年保証付】【フォルツァ タイプXスペシャル MF08】【H4 6000K HID】2灯セット 薄型バラスト デジタルHIDフルキット Hi/Lo電磁スライド式、
これをいかに効率よく除去するかがコストダウンの課題になる事もあります。

金属加工の現場で酸化被膜が問題になるシーン

電気伝導を妨げる酸化被膜は金属加工の現場においては、様々な問題を引き起こします。

問題としては主に以下のようなものがあります。
・塗装ののりが悪く、塗装剥離の原因になる。
・電気伝導性が著しく劣る酸化被膜が溶接の接合部になった場合、
 溶融しづらいため、欠陥等が発生し、溶接不良となる。
・製品の美観を損なう。

酸化被膜はその特性故に高品質なモノづくりの現場では、

●取付サービス付き(塗装等含む)●●無限●GB3/4/GP3 フリード MC後/フリードハイブリッド Front Under Spoiler メーカー塗装済 プレミアムスパークルブラック・パール(NH812P)を激安get!


完全に除去する事が求められる場合があります。

板金加工の現場での鉄の酸化被膜の一般的な除去方法

私たち板金加工業の現場で、鉄の酸化被膜の除去方法として一般的なものは
・サンダー(回転砥石)などで研磨、削り落とす。
・酸洗いにて化学反応で除去

などがあります。
実際、私たちもちょっとした溶接焼けなどはサンダーで落とす事もあります。
ですが、この方法では、手間や時間がかかりすぎるため、コストアップの大きな要因となります。

手間と時間をかけずに鉄の酸化被膜を取るには?

板金加工の現場で鉄の酸化被膜を短納期で効率良く除去する方法として
・ショットブラストにて除去
・バリ取り機にて除去

があります。
品物の形状にもよりますが、サンダーで手作業で除去、もしくはバリ取り機にて除去と使い分ける事で、より効率よく酸化被膜を除去する事ができると思います。

バリ取り機で酸化被膜を取るなら

エステーリンクでは、『酸化被膜の除去』に対応できる特殊なワイヤーブラシを開発いたしました。



酸化被膜除去について弊社へ寄せられるお問い合わせでは、塗装剥離でお困りの御相談が圧倒的に多いです。
塗装剥離への対策を行う場合、ワイヤーブラシでの酸化被膜除去とあわせて、メタルエステでの
バリ取り加工(エッジ部のR加工)を行うことにより、より一層安定した塗装を行うことが
できます。


左・被膜有 右・被膜なし(除去済)

左・被膜有 右・被膜なし



酸化被膜の除去に大活躍のバリ取り機と、酸化被膜除去対応の
ワイヤーブラシについてはこちらのホームページをご覧ください。




HOME当社の強み加工技術加工事例設備紹介会社案内製造設備部門よくある質問受注から納品までカタログ溶接歪みの取り方|酸化被膜の除去方法
{yahoojp} {st-link.co.jp}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-3406